ブログ 2012/11

香川県みろく市の温泉にてレジオネラ菌検出、薬湯の使用中止[トピックス]

 written by spa-master 投稿日時:2012/11/18(日) 14:27

香川県さぬき市は12日、市農林漁業体験実習館(愛称・ゆ~とぴあみろく温泉=香川県さぬき市大川町富田中)の男女浴場の薬湯から、基準値を超えるレジオネラ菌を検出したと発表した。安全性が確認できるまで薬湯の使用を中止する。

 市商工観光課などによると、10月中旬に同施設を利用した男性がレジオネラ症のような症状を訴えたことを受け、香川県東讃保健所が今月1日に行政検査を実施。薬湯からレジオネラ菌を検出した。ほかの大浴場や気泡風呂、水風呂からは検出されなかった。

 一方、男性から同一菌は検出されず、症状も既に回復しているという。施設では簡易検査結果を受けた2日から既に薬湯の使用を中止していた。

情報源: 四国新聞社 ネットニュース 
2012/11/13 09:53

山形県南陽市の旅館浴槽が感染源で、男性3名がレジオネラ症を発症[トピックス]

 written by spa-master 投稿日時:2012/11/18(日) 14:22

男性3人入院、基準値の530倍検出

 山形県は16日、南陽市竹原の旅館「南陽グリーンヒル」の入浴施設を利用した長井市の70歳代男性など男性3人がレジオネラ症を発症し、男湯の浴槽から基準値の530倍のレジオネラ菌が検出されたと発表した。

 3人は現在、肺炎などで入院中。同旅館では7日から、入浴施設の利用を取りやめている。

 県保健薬務課などによると、3人は10月27日から今月4日にかけて、それぞれ同旅館の入浴施設を利用した。

 医療機関からレジオネラ症患者の連絡を受けた県置賜保健所が調べたところ、女湯からも基準値の330倍のレジオネラ菌が検出された。

 入浴施設は循環式の沸かし湯を使用しており、県旅館業法施行条例で「週に1回以上」と定められている濾過ろか器の清掃や湯の張り替えを、月に1回程度しか行っていなかったという。

情報源: 2012年11月17日 読売新聞

山形県健康福祉部 保健薬務課のプレスコメント
http://www.pref.yamagata.jp/pickup/interview/pressrelease/2012/11/16182005/press_file01.pdf
 

第22回レジオネラ対策シンポジウムの収録ビデオを公開中[トピックス]

 written by spa-master 投稿日時:2012/11/02(金) 12:56

おかげさまで、さる10月22日に行われた第22回レジオネラ対策シンポジウムはとても好評でした。
当日の収録ビデオを会員の皆様には、会員専用ページの「会員通信」からパソコン動画サイトのYouTube にリンクをはって、簡単に見ていただけるようにしております。

ダイジェスト版


今のところ、第一部のATP分科会の研究報告ですが、第2部については講師の小川様のご承諾がいただけしだい追加アップする予定です。

なお、会員専用ページにはお届けいただいている、会員になられた時にお知らせしているID番号(またはメール番号)とパスワードが必要です。 
ご不明な方は、ご遠慮なく当会の事務局までお問いあわせください。


長崎県諫早市の温泉施設でレジオネラ属菌、自主休業中[トピックス]

 written by spa-master 投稿日時:2012/11/02(金) 11:54

諫早市は10月25日、同市飯盛町平古場の温泉施設「いいもり月の丘温泉」でレジオネラ属菌が検出されたため、1週間程度自主休業すると発表した。安全が確認されれば営業を再開するが、これまで体調不良などの訴えはないという。

 菌は、年に2回実施している検査で採水した14検体のうち女性一般湯の検体から検出された。保健所などと協議のうえ24日午後7時から自主休業に入った。浴槽清掃後、26日に再検査のため採水し、その結果が分かるまで、としている。

情報源:毎日新聞 2012年10月26日 長崎版

ブログ最新記事