ブログ 2012/1

月例の理事会開催[トピックス]

 written by spa-master 投稿日時:2012/01/27(金) 22:30

本日、本部事務所で月例理事会が開催されました。
参加者は4名、SKYPEによる参加は2名。
主な検討事項は、2月の年次総会に向けて議題(案)でした。
今年は本部主催で、年間2回のレジオネラ対策シンポジウム
と同じく年間2回の入浴施設衛生管理資格者講習会を開催する
ことを決定。
支部の開催予定については、次回までに集約することとなった。

次回、理事会は2月23日。



香港政府の新庁舎、レジオネラ菌検出が相次ぐ[トピックス]

 written by spa-master 投稿日時:2012/01/11(水) 17:16

<<香港政府新庁舎

香港衛生署の衛生防護センターは5日、金鐘(アドミラルティ)に開庁してまもない香港政府新庁舎の厨房と立法会内の給湯室の蛇口から再びレジオネラ菌が検出されたと発表した。
 香港政府のトップ、曽蔭権(ドナルド・ツァン)行政長官はこの日、訪問先の上海で、「これまでレジオネラ菌は病院や古い建物内に繁殖すると思われていたが、今回は新築の建物でみつかった。調査チームを早急に立ち上げて原因究明に当たるとともに、今後の衛生検査において、レジオネラ菌を検査の対象にすることを検討する」と述べた。
 食品衛生局の周一嶽局長は、新政府庁舎の洗浄と消毒作業を完了したことを報告。また、これ以前に菌が検出された局長事務室のトイレの再検査の結果が週末に出る見通しを明らかにした。さらに1週間以内に約300のサンプルを採取して検査を行う予定を示した。
※情報源: 亜州IP株式会社 中国の統計データ・産業ニュース 2012.1.6記事より


<本部コメント>
中国本土では、ほとんどの水道の蛇口から出る水は飲用不可で、レジオネラ汚染やクリプト汚染の危険性は限りなく高いと思われる。
厨房やシャワーに使われる水にレジオネラ属菌に汚染されていることは非常に問題であるが、まだその危険性や実態は一般市民には情報公開されないていない。この香港の事件をきっかけに、水道水のレジオネラ汚染問題が公になってくることが考えられる。


ブログ最新記事