トピックス 2021/6

2021年 春 第37回シンポジウムのウェビナー開催報告について

 written by spa-master [最新情報] 投稿日時:2021/06/30(水) 08:47

2021年 春 第37回シンポジウム(本部開催)

多数のご参加いただきありがとうございました。(当日:140名参加)
配信状況など至らぬ点がございましたことお詫びいたします。

開催日時: 2021年6月25日 (金曜日) 午後1時00分から3時30分

 
NPO活動として毎年2回開催していた「レジオネラ対策シンポジウム」について、
コロナ禍および遠方の会員の皆様が参加しやすい開催を目的に、集合開催から
ウェビナー形式(Zoomを使った)で開催します
テーマは、「最新のレジオネラ感染症の知識と防除法の研究成果ご紹介
 ①レジオネラ研究者の会が発行した「レジオネラ属菌を知る」のご紹介
 ②NPO浴衛協の活動として「迅速検査法、レジオネラ対策アセスメント」ご案内
させていただきます。

 

◎各プログラムの文字をクリックすると、YouTubeの動画ページにリンクして、
 当日の記録ビデオがスタートします。


<プログラム>
13001350
  基調講演:「レジオネラ症の発生事例、対策の実際」
 レジオネラ研究者の会近著の「レジオネラ属菌を知る紹介
 併せて、レジオネラ症の発生事例、対策の実際などご講演

 
 
 1-1.「レジオネラ属菌」書籍のご紹介 古畑先生
  講師麻布大学 生命・環境科学部 古畑勝則先生
 1-2. レジオネラ症の発生事例、対策の実際
  講師:技術士事務所 縣邦雄

 
  ※書籍の詳細・ご購入は、
   レジオネラ研究者の会 代表 麻布大学 生命・環境科学部 古畑勝則先生
    (furuhata@azabu-u.ac.jp)までご連絡ください。
    書店では取り扱っておりません。(広報チラシはこちら

 
14001420 
  講演:「レジオネラ菌の迅速検査法(ハイドロセンス社)実践事例の紹介」
 レジオネラ対策の新しいアプローチとして、ハイドロセンス社の迅速検査法
 使った、予防保全的な考え方の重要性とモニタリング調査の事例を紹介し
 気付いたやポイントおよび実際の検査方法(動画)について紹介。
  講師:NPO浴衛協 尾崎監事

14
301450 

  講演:「レジオネラ対策アセスメント(対策の現地調査とアドバイス)」サービスを利用して
~施設の実情の把握と今後の改善に向けて~

 社内(経営者・スタッフ)への調整や設備改修・運用改善を通じて、衛生管理
 の意識改革を高め、「お客様に安心してご利用していただける施設」を目指す
  講師:NPO浴衛協 中島会長

15001530 
  ディスカッション、質疑応答


<当日資料>
1-1. レジオネラ属菌」書籍のご紹介 古畑先生
1-2. レジオネラ症の発生事例、対策の実際
2. レジオネラ迅速検査キットご紹介
3. レジオネラ対策アセスメント