トピックス 2011/10

中国総支部より史支部長、陳副支部長が来日

 written by spa-master [最新情報] 投稿日時:2011/10/27(木) 14:58

10月25・26日の温泉経営管理者研修会に参加するために中国総支部より史支部長、陳副支部長が来日しました。
本部の中島会長と伊東、小弾正理事が夕食を一緒にして和やかに会談、両国のレジオネラ対策についての情報交換をしました。

中国の入浴施設では、まだレジオネラ汚染についての知識が少なく、危機感が無いので、当会がすぐに活躍できる様子ではないとのことでした。しかし、日本の入浴施設のデザインや設備機器については導入を希望されているそうです。NPO会員で中国市場に興味のある方は、ご紹介しましので、本部にご連絡ください。

「レジオネラと宿主真核細胞の相互作用 」の学術講演のお知らせ

 written by spa-master 投稿日時:2011/10/26(水) 20:52

大阪大学微生物病研究所(大阪府吹田市)にて、下記セミナーが開催されます。

演題:レジオネラと宿主真核細胞の相互作用

演者:永井 宏樹 博士(微生物研究所 感染症国際研究センター 免疫学融合研究グループ)

日時: 20111031日(月)10:00

場所:大阪大学微生物病研究所本館1階 微研ホール

詳細は下記HPをご覧ください。

http://www.biken.osaka-u.ac.jp/conference46678.html

ご参考まで。

先日の東京本部主催の講習会にて受講者全員17名が資格試験に合格

 written by spa-master 投稿日時:2011/10/21(金) 14:13

10月18日に東京本部主催で行われた入浴施設衛生管理者講座が行われました。当日の講座後に行われた資格認定試験を受験された方は全員合格となり、近く資格者認定書が送られる予定となっています。 合格おめでとうございました。



上の写真をクリックすると動画が見られます。

浴槽にも利用できるレジオネラ属菌の迅速検査キットが発売される。

 written by spa-master [最新情報] 投稿日時:2011/10/01(土) 09:33

新潟市などによる第三セクター「新潟バイオリサーチパーク」(佐藤征也社長、新潟市秋葉区)は、入浴施設や遊泳プールなどで感染が問題となるレジオネラ属菌を検出する検査キット「レジオサーチ」を開発した。

 これまで菌の検出には、専門の検査機関に依頼すると結果が出るまでに10日間程度かかった。開発したキットの使用で約2時間半で結果が判明する。毎日でも検査を行うことが可能になり、菌検出後の除菌など迅速に対応できるという。

 また同社従来品では100ミリリットル当たり1000個以上の菌がないと検出できなかったが、新しい検査キットの2段濃縮法では約50~100個の菌で検出可能となった。価格は、本体が4万4000円、試験紙などの検査キット(10回分)が1万6800円(各税別)。

 佐藤社長は「検査キットは、誰でも簡便、迅速にどこでも測定できる。安心、安全な温泉施設の管理体制の強化につなげてほしい」と話している。
(毎日新聞 2011年9月30日 地方版より)

★NPO入浴施設衛生管理協議会の中島会長の話しでは、このようなイムノクロマト試験紙を利用した迅速検査法がすでに各種発表されているとのこと。いずれも、イムノクロマト試験紙の検出感度が10の6~7乗台であることから、前処理として1万~10万倍程度の濃縮が必要であり、今発表されている各種方法は、その濃縮法に特色があるとのこと。
当会では、これら各種の迅速検査法について、事前調査を済ましており、現在は現場検証のテストを継続的に実施しています。
現在、開発メーカー側から、モニター品を無償提供していただいていますので、会員の皆様で、迅速検査法をモニターとして利用してみたいという施設、業者、研究関係者の方がおりましたら、当協会にぜひご連絡ください。

なお、購入希望の方は、当会の賛助会員である「アルタケミカル」が卸販売元として、販売していますので、「アルタケミカル」まで直接ご連絡ください。
  アルタケミカルの連絡先:  
  電話 03-3553-3615  担当:尾崎まで