トピックス

<<前へ

NPO浴衛協 2021年春 シンポジウムのウェビナー開催について

 written by spa-master [最新情報] 投稿日時:2021/05/27(木) 14:45

NPO活動として毎年2回での開催を予定していたレジオネラ対策シンポ
ジウムについて、コロナ禍および遠方の会員の皆様が参加しやすい開催
を目的に集合開催からウェビナー形式で開催いたします。

テーマは、「最新のレジオネラ感染症の知識と防除法の研究成果ご紹介」
とし、レジオネラ研究者の会が発行した「レジオネラ属菌を知る」のご紹介

NPO浴衛協の活動として「迅速検査法、レジオネラ対策アセスメント」を
ご紹介させていただきます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
■開催日時:2021625日(金) 
  13001530

■開催方式:Zoomウェビナー
■参加費:無料
プログラム(予定):

13001350
◆基調講演:「レジオネラ症の発生事例、対策の実際」
 レジオネラ研究者の会近著の「レジオネラ属菌を知る」紹介と
 併せて、レジオネラ症の発生事例、対策の実際などご講演
 講師:麻布大学 生命・環境科学部 古畑勝則先生
      縣技術士事務所 縣邦雄
     
株式会社ヘルスビューティー 藤井明


14
001420 

◆講演:「レジオネラ菌の迅速検査法(ハイドロセンス社)実践
      事例の紹介」

 レジオネラ対策の新しいアプローチとして、ハイドロセンス社の
 迅速検査法
使った、予防保全的な考え方の重要性とモニタ
 リング調査の事例を紹介し
気付いたやポイントおよび
 実際の検査方法(動画)について
紹介。


14
301450 

◆講演:「レジオネラ対策アセスメント(対策の現地調査とアドバイス)」
      サービス
を利用して

      ~施設の実情の把握と今後の改善に向けて~
 社内(経営者・スタッフ)への調整や設備改修・運用改善を通じて、
 衛生
管理
の意識改革を高め、「お客様に安心してご利用して
 いただける施設」を目指す

 講師:NPO浴衛協 中島会長
     
(対談:オークランド観光開発株式会社 小向宏史)


15
001530 

◆ディスカッション、質疑応答
■申込方式:以下URLからお申込み出来ます。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/
WN_JCxPDmyVRo28h32pJlk4wg
  

(ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが自動配信されます)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

関西支部 レジオネラ対策専門技術者・養成講座の開催について

 written by spa-master 投稿日時:2021/05/17(月) 13:57

■入浴施設レジオネラ対策専門技術者・養成講座【関西支部】


入浴施設の衛生管理マニュアルの作成から清掃・消毒による汚染防止技術、
設備管理方法等の講座を通じてプロフェッショナルを養成し、
「入浴施設衛生管理者」として認定する資格制度です。現在1000名を超える
資格認定しており、入浴施設で実務的な衛生管理に携わっている方々は
ぜひ受講されることをお勧めします。

開催日時  2021年6月9日(水)  9:30 ~16:30
開催場所  
日本水処理工業株式会社 セミナールーム
大阪市北区菅原町10-23 ジーニス大阪ウェスト棟1階102号
申込はこちら 
https://kokucheese.com/event/index/612049/

講座の内容 
①入浴施設の関連法規と衛生管理指針 
②レジオネラ症の知識 
③浴場設備の保守管理法
④浴場の消毒法と衛生管理 
⑤入浴施設の殺菌洗浄法 
⑥認定試験(資格認定証のご希望の方のみ)

参加費:
従事者養成講座のみ 12,000円
資格認定の希望者  12,000円 ※
再受講       5,000円

※2021年度暫定(コロナ対応)として、初年度年会費(5,000円)免除
※資格認定者は次年度より当会の「資格会員」として登録されますので、
次年度より年会費が発生します。

第19期通常総会が開催されました

 written by spa-master 投稿日時:2021/03/08(月) 13:15

令和3年2月26日にZoomにて、第19期通常総会が開催されました。
令和2年度の活動報告 および 令和3年度の活動内容について全会一致で承認されました。
総会の内容をYouTubeにて配信しています。
https://youtu.be/CdQO2xjweqs

レジオネラ対策シンポジウム「Webセミナー」開催について

 written by spa-master [最新情報] 投稿日時:2020/06/24(水) 10:35

コロナ禍によって、開催中止となった「レジオネラ対策シンポジウム」の代替として、
Webを利用した情報提供をいたします。

■開催にあたり、NPO浴衛協 会長の中島有二より開催挨拶 

■レジオネラ対策・登録アドバイザー 中臣 昌広様より
「新型コロナウイルス感染症・感染拡大時 公衆浴場等の休止時の注意点
 ~保健所・環境衛生監視員の視点から~」

 
■レジオネラ対策・登録アドバイザー 堀井 孝志様より
「入浴施設営業再開に向けたアドバイス 給水・給湯水は大丈夫?
 ~残留塩素が消失した水道水は腐敗する!使用する前の処置方法~」

 
■NPO浴衛協 理事 小彈正 公彰より
「浴場設備における運休後の対応への提言」

 
■講師の皆さんと講演内容などについて、ディスカッションしました。

皆様からのご感想・ご要望などございましたら、お聞かせください。

新型コロナウイルスの影響で休業している入浴施設の営業者の皆様へ! 再開時のレジオネラ対策に注意しましょう!

 written by spa-master 投稿日時:2020/05/18(月) 10:58

NPO浴衛協のレジオネラ対策登録アドバイザーの中臣昌広様(元文京区文京保健所 環境衛生監視員 現職 一般財団法人日本環境衛生センター 東日本支局 環境生物・住環境部 環境生物課 技術調査役・環境衛生分野担当)より、休業公衆浴場施設での施設再開に当たっての注意点をいただきました。

1.浴槽、配管等の滞留水を完全に抜く
レジオネラ症発生防止のための注意点があります。
休業開始時に、浴槽、配管等に滞留水が残っていると、レジオネラ属菌が増殖し、再開時にレジオネラ症患者の発生するリスクが高くなると考えられます。
完全に排水して、滞留水を残さないことが望ましいと考えます。

2.再開時の安全確認
1~2週間以上の休業後に再開する前、レジオネラ属菌の水質検査を実施して、菌不検出により安全を確認することが必要だと思います。
水質検査は、生きた菌を調べる培養法と、死菌まで調べる迅速法があり、両方をセットにした水質検査が望ましいと考えます。

3.配管洗浄の実施
おおむね1カ月以上休業後に再開する場合、配管洗浄を実施し、レジオネラ属菌の水質検査を行って、菌不検出により安全を確認することが必要だと思います。
前述のとおり、水質検査は、生きた菌を調べる培養法と、死菌まで調べる迅速法があり、両方をセット
にした水質検査が望ましいと考えます。
 
※上記内容は暫定的なものです。再開時の対応等この通りすれば大丈夫ですと保証するものではありません。

 
«前へ