• トップ
  • トピックス
  • 新潟市の日帰り温泉施設から基準を超えるレジオネラ菌が検出される

トピックス

新潟市の日帰り温泉施設から基準を超えるレジオネラ菌が検出される [レジオネラ検出情報]

投稿日時:2012/08/22(水) 12:18

 新潟市西蒲区は21日、同区内の日帰り温泉施設「新潟市岩室健康増進センターよりなれ」の露天風呂から公衆浴場の水質基準を180倍上回るレジオネラ菌を検出したと発表した。

 区によると、8月2日に採水した分から基準を超す菌を検出。報告を受けた20日夕から原因究明と洗浄、消毒などで安全を確保するまで2、3週間程度、入浴施設の利用を中止する。現在のところ、健康被害を訴える報告はないという。同温泉施設では年に4回水質検査しており、4月に行った前回検査では異常はなかったという

産経新聞 8月22日(水)配信

<NPO会長のコメント>
この温泉の泉質をインターネットで調べてみると、含硫黄ーナトリウム、カルシウム、塩化物温泉の弱アルカリ性高張性高温泉
となっていた。また、ある記事には4年ほど前に自動塩素投入装置等を設置し、規定の塩素濃度を保つよう日々4回の計測を行い、浴室は毎日清掃して、風呂の湯は週2回交換し、消毒を行っています。」とも書かれていた。
泉質に書かれている硫黄成分が多い場合には、塩素の効果が減衰することがあることと、自動塩素注入のセンサーは通常ではアルカリ性の場合には、正しく動作しないことがあります。また、インターネットに掲載されている現地の写真を見ると浴槽の淵に天板として板が張ってあるようです。この天板と浴槽本体との間にバイオフィルムが発生していて、レジオネラ属菌の発生源となっていることがあるので、この点も点検が必要と思われます。


コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
評価:

トラックバック一覧

ブログ最新記事