• トップ
  • トピックス
  • イギリスでレジオネラ対策として浴槽の洗い方に関するガイドラインを策定

トピックス

イギリスでレジオネラ対策として浴槽の洗い方に関するガイドラインを策定 [最新情報]

投稿日時:2012/08/07(火) 14:58

イギリスのHPA(Health Protection Agency)は、レジオネラ対策として、バスタブの清掃方法に関するガイドラインを策定されました。
http://www.bbc.co.uk/news/health-19097187
今後は、このガイドラインに従ってバスタブが清掃されているか、調査も実施されるようになるようです。

情報源:BBC Health News 8月4日電子版より

<NPO会長のコメント>
 日本において、10数年前に浴場でのレジオネラ騒動は、家庭用の24時間風呂がレジオネラ属菌に汚染されているという研究者からの警告を、通産省が電気製品の安全性という見地から問題視したことが発端であった。その後、
日本の厚生労働省は、レジオネラ感染症については、その対策の指針を公衆浴場法と旅館業法に属する、いわゆる業務用浴場の問題としてとらえ、保健所が主に公衆浴場法と旅館業法の対象となる浴場施設を監督指導してきた。
 一方、家庭のお風呂の衛生管理面を考えると、日本ではほぼ全家庭にお風呂があり、業務用浴場の衛生管理指導とともに、家庭風呂についても国民の生活衛生の保全という面では、せめてこのようなレジオネラ対策に関する情報提供は必要なのではと思える。

 ちなみに、英国の健康保護庁(HPA)は、一般人の健康管理に関する総合的な情報を提供している政府関連機関で、英国政府の厚生省にも、情報提供している機関です。日本では国立感染症研究所が近い存在と思えるが、家庭のお風呂のレジオネラ汚染の問題については、適用される法律がないということか、あまり家庭のお風呂のレジオネラ対策の研究が行われていないというのが実情です。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
評価:

トラックバック一覧

ブログ最新記事